審美歯科でのホワイトニング費用


「自宅でするホワイトニングじゃ物足りない。もっとスピードをあげて、もっと劇的に白くしたい」
そんなときは、審美歯科でのホワイトニングという、一番専門的な方法を選ぶこともできるかもしれません。

それは例えば、久しぶりに人と出会う同窓会とか、自分が主役になる結婚式とか、大きなプロジェクトのための大切なプレゼンテーションとか、「必ずこの時までに歯を白くして、印象を良くしたい」など、時期が決まっている時です。

この場合は、当然、ホームホワイトニングでは時間がかかりすぎ、効果も弱すぎると感じるでしょう。
でも、審美歯科でのホワイトニングは、自分が期待する白さという結果に、他よりも近づける、そんなチャンスになる可能性があります。

しかし、気になるのはその料金。
虫歯や知覚過敏などの治療のための料金だったら、何となく予想ができるかもしれませんが、ホワイトニングとなると見当がつかない、という人も多くいるのではないでしょうか。

ここで、歯医者さんだから・・と普通の歯医者さんのイメージでホワイトニングのために審美歯科に行ってみると、少し戸惑ってしまうかもしれません。
歯の悪いところを治していく治療中心の歯医者さん、もちろんそれも大切なことですが、審美歯科はその名の通り、丈夫な良い歯以上の見た目の美しい歯を求めていくところです。

それを頭の片隅において、料金設定を調べていくと納得。
まるで、エステの料金のような構成なのです。

例えば、エステサロンで脱毛しようとすると、全身脱毛コースがあったり、部分脱毛コースがあったり、○回脱毛コースと繰り返して受けられるコースがあったり、またずっとケアを続けられるお得なコースがあったりと、本人の希望に合わせて、多種多様なコースを用意しています。
いわゆる施術の結果どうなるか、というゴールをはっきり決めてくれているので、自分が最終的にどの部分をどれぐらいの範囲でどのくらいの期間、脱毛したいかという希望に合わせたコースを選びやすくなっています。

それと同じような感じで、ホワイトニングも受ける本人が望む白さという最終ゴールに合わせた、いろいろなコースを準備している場合が多いようです。
ホワイトニングを受ける側からすると、分かりやすく、選びやすい料金設定といえるでしょう。

歯科


ベーシックなホワイトニングの1回コースは、4万円ほど。
通常1回約1時間の施術で、広い範囲の歯を今の歯の色よりも白くできる、ホワイトニングのためのコースとなっています。
そのコースに、1本ずつケアしていくオプションを1本500円程度でつけることもできます。
これは、歯を白くするだけでなく、歯に艶を持たせたり、ホワイトニングの後に、歯石や汚れが付きにくくなったりさせるためものです。

そのような、ベーシックなコースよりもさらに上のプレミアムコースも準備されている歯科もあります。
ベーシックコースよりも若干お値段はお高めですが、プレミアムといわれるぐらいですから、ベーシックコースで受けるホワイトニングよりもさらに歯が白く、艶がでるという効果が期待できます。
とにかく、時間がないので、1回でできる限り白くしたいという人向けのコースでしょう。

もっとホワイトニングのために時間も取れるし、1回だけの施術では物足りないという人には回数コースが設定されている歯科もあります。
この場合の料金は、通常ベーシックコースを3回受けると、約4万×3回で12万円ほどになるところを10万円程度など回数が増えるほどお得になるような値段設定になっています。

歯を白くみせたい、特別な日の一つに自分が主役になる結婚式があるかもしれません。
そんな人のために、ブライダルホワイトニングという特別なコースを用意している審美歯科もあります。

これは、自宅でもホワイトニングを続けるためのホームホワイトニングをセットにしているものです。
料金としては、3回でだいたい10万円ほど。
4回で12万円ぐらいに設定されています。

コースはコースでも施術内容が一から十まで決まっているコースだけではなく、オーダーメイドのコースもあります。
審美歯科に来る人も希望や予算はいろいろと違っています。
それを、審美歯科側が最初のカウンセリングで、その具体的な要望を聞き取るようにして、それに合わせた施術を組み合わせてくれるということです。

例えば、「1回で白くしたい」という人もいれば、「通いたい」という人もいます。
また、「なるべく安く仕上げたい」、逆に「少々高くなってもいいから、完璧に仕上げたい」ということもあるからです。

さらに、審美歯科によっては、料金が安くなるキャンペーンを行っている場合があります。
他にも、審美歯科にホワイトニングのための施術に行く場合に、学生証を見せれば5パーセントの学生割引がされるというものもあります。

審美歯科


このようにさまざまな料金設定を出していて、一般に多い「審美歯科でのホワイトニングは高い」という印象をなくしていこう、という意識を感じます。
以前より、審美歯科でのホワイトニングに興味を持つ人も増えていくでしょう。

でもここまできても、「やっぱり、審美歯科のホワイトニングはまだまだ高すぎる!」と思っている人には、こんな例外的な手段もあります。
それは、ホワイトニングのモニターになることです。
もちろん、いつでも機会があるわけではなく、審美歯科の側が募集している時に、応募して選ばれる必要があります。

大手の審美歯科では、テレビやラジオ、雑誌などのマスメディアで大々的に宣伝していたりしますから、モニターとして選ばれる可能性もそれだけ大きいでしょう。
ホワイトニングを受けるのに、モニターとして選ばれると、施術料金が格安の料金になったり、ある場合には無料になったりするというチャンスがあります。

ただし、審美歯科の側は、もっとホワイトニングに興味を持ってほしいという目的があって、宣伝効果を期待して、モニターを募集しています。
そのためには、モニターの条件が細やかに決められている場合があります。

例えば、ホワイトニングの効果を宣伝するために、モニターのホワイトニングする前の歯を見せた顔が写っている写真とホワイトニングした後の歯を見せた顔が写っている写真を公開するという条件があるかもしれません。 

また、ホワイトニングの効果をきちんと出すためには、通院の回数が決められていたり、時には、通院日時まで決められていたりするかもしれません。
さらに、審美歯科での施術の間だけでなく、自宅に帰ってからもケアをするように求められることもあるでしょう。
そして、それについてレポートを提出するように依頼する場合もあるようです。
このようなモニターの条件は変わっていくものですから、他にもいろいろとあるかもしれません。 

審美歯科のモニターに応募して選ばれるというのは、ホワイトニングの料金を安く抑えられたり、時には無料にできたりするので魅力的かもしれませんが、その代わりに、求められる条件も様々です。
条件を最後まで守らないと、それまでの施術の料金を払わなければならなくなることもありえます。
料金だけで判断せずに、いろいろな条件を見比べて、モニターとなるかどうかを決めることができるでしょう。

芸能人の歯はなぜキレイ?

白い歯


それは、ずばり、お手入れをしているからです。
それも、自宅で自分がしているというだけではなく、専門的な審美歯科などでケアしていることがほとんどです。

昔は八重歯がチャームポイントになったりしていましたが、最近は歯についての意識が高まり、歯並びがきれいで白いというのが定番になっているようです。

審美歯科のホームページ上でも、歯のお手入れをしていることが、顔写真つきで紹介されていたり、受けた施術についての感想や、意識の変化についてのインタビュー記事が載せられていたりします。

特に、歯並びは矯正器具をつけたまま、人前に出るわけではないので、自分の歯に合わせた透明なマウスピースを何度も作り変えながら、矯正していくようです。
それと同時進行で、ホワイトニングも行って、美しい歯を手に入れています。

そのような専門的なケアで手に入れた美しい歯を維持するために、その後自宅での歯磨きまたホワイトニングなど、自分でできることにも力を入れるようになります。
一度、きれいな歯を手に入れることで、自信が持てたり、笑顔がきれいになったりと、目に見える変化があるので、歯をお手入れするモチベーションがあがるのかもしれません。