歯のホワイトニングメリット


歯のホワイトニングの最大のメリットは、言うまでもなく、歯が白くなることでしょう。
歯が白くなれば、自分に自信が持てて、積極的な性格になったという内面の変化までついてくることもあるぐらいです。

これまで歯を白くするためにされていたのは、色が変わった部分の歯を削ったり、逆に上に白いものを被せたりという方法でした。
でも、健康な歯を削る上に、削った部分が弱くなったり、しみるようになったりする場合もあります。
また、健康な歯に被せものをする時も、うまく被せられなくて汚れがたまったり、被せものがとれてしまったりということも。

ここ最近のホワイトニングはそのように歯を削ったり、歯に被せたりするのではなく、歯の色を漂白するという方法です。
それも、歯の表面だけの色を落とすのではなく、薬剤の力で歯そのものの色を白く漂白していくようになります。
この方法にすることによって、今までよりも痛みなどの副作用が出にくくなりました。比較的安全になったということでしょう。

では、自宅でできるホームホワイトニングと審美歯科で行うオフィスホワイトニング、それぞれのメリットは何でしょうか。

ホームホワイトニングのメリット

まずホームホワイトニング。
一番のメリットはオフィスホワイトニングよりもお金がかからない。ということです。

さらに、、夜寝ている間に薬剤のついたマウスピースをはめてホワイトニングしていきますが、自分の好きな時間にできますし、比較的弱い薬剤を使うので安心というメリットがあるでしょう。
オフィスホワイトニングよりも簡単で手軽な方法です。

オフィスホワイトニングのメリット

次にオフィスホワイトニングのメリットは何でしょうか?
何よりも短時間で歯がすぐに白くなるということでしょう。

歯ホワイトニングデメリット

歯磨き粉


ホームホワイトニングのデメリットとなるのは、時間がかかるので、一定の期間は自宅でのホワイトニングのためのマウスピースを装着し続けなければならないということです。
そして、目に見える効果がすぐには出ないので、根気のいる方法ともいえるでしょう。

どちらのホワイトニングにもいえるデメリットは、いったん、歯を白くしても、その効果がずっと続かないということです。

オフィスホワイトニングの効果は長くても半年といわれています。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを上手に組み合わせることで、期間は調整できることもあるようです。

またもう一つのデメリットは入れ歯や差し歯という人口歯には効果がないということです。
ホワイトニングしてもその部分だけ色が違うということがあるので、注意が必要です。

歯のホワイトニングに痛みはある?


ホワイトニングによって起こる可能性のある痛みというのは、主に「しみる」というものです。
では、どうしてそうなるのでしょうか?

まず、歯の構造として、表面はエナメル質で覆われていて、その下に象牙質があり、その内側に神経があります。
もちろん、神経は痛みなどを感じるところですが、実は象牙質にもその感覚があります。
それで、エナメル質ですっぽり覆われているところは、ホワイトニングの薬剤を塗ったとしても大丈夫ですが、象牙質が出ているところはしみるなどの症状が出たりします。

象牙質が出てしまう原因としては、長年の歯ぎしりのために歯の表面が削れてしまっていたり、歯茎が下がっていたり、歯そのものに小さなひびがあったり、虫歯があったりといろいろなものがあります。

オフィスホワイトニングの場合は、そのような場所を見つけると、避けて薬剤を塗ってくれたりしますが、全部避けられるとも限りません。
また、ホームホワイトニングの場合はそのようなしみそうな場所を避けるということ自体が難しいでしょう。

ホワイトニングでは強い薬剤を使いますから、歯の表面の膜が取れている状態です。
ホワイトニング後は、冷たい水や暑い飲み物などがしみやすい状態になっているので注意が必要です。