歯を白くする歯磨き粉があるって本当?


「最近、歯の色が気になり始めたけれど、歯を白くするホワイトニングは歯医者さんでしてもらうもの。 でも、時間もお金もかけられないし・・]
とあきらめてしまっていませんか?

実は、もうすでにいつも何気なく習慣化している毎回の歯磨きのたびに、歯をホワイトニングしていける歯磨き粉があるんです。
これは、歯医者さんでするホワイトニングよりもより手軽でリーズナブルな方法といえるかもしれません。

しかも、発売されているホワイトニング歯磨き粉の種類の多さにびっくりするはず。
ただ、ホワイトニングをするだけでなく、プラスアルファの機能をもつ優れものがたくさんあって、どれを選べばいいか迷うほどです。

今の時代、どんなに髪の毛や素肌のお手入れをして、メイクを研究しても、笑顔の間からこぼれる歯が汚れていれば、それだけで印象が悪くなってしまいます。
そんな第一印象は仕事でもプライベートでもマイナスにしかなりません。
ただ丈夫な髪の毛、丈夫な肌以上の艶のある髪の毛やきれいな肌を目指して励むのと同じように、歯も丈夫なだけでなく、人から見て美しく見えるようにする時代がきているといえるでしょう。

歯医者さんでしてもらえるホワイトニングはどちらかといえば、「漂白」に近いかもしれません。
それで、ホワイトニング後は、歯はより白くなることがあります。

会社や自宅で手軽に使えるホワイトニング歯磨き粉は、歯の黄ばみの原因など汚れを落とすことを目指して開発されています。
ホワイトニング歯磨き粉を使い続けて、汚れが完全に落ちたとしても、自分の歯が持つ本来の色が見えてくるようになるので、そこからさらに白くなったりはしません。
でも、清潔で自然な白さを持つ歯になることはとても魅力的な笑顔につながるはずです。

写真を写してもらうとき、歯がきれいじゃないかもしれない、とためらった経験はだれもが一度はあるでしょう。
実際、一般の人のホワイトニングのイメージは、口元が美しくなると内面も変わるというものです。
口元に自信が持てると笑顔になれるし、笑顔になると若々しく見えるという嬉しい連鎖反応が起きるからです。

だれもがしていて何気なく続けている、毎日、毎回の歯磨きという日常の習慣の中に、ホワイトニング歯磨き粉という新たなアイテムを一つ加えるだけで、何週間か、何か月後かに、新たな自分のきれいな歯に出会える、新たな自分の美しい笑顔に出会える、そんな体験をしてみませんか?



ホワイトニング歯磨き粉の効果は?人気があるのは?


「自宅でできる歯のホワイトニングって限界があるし・・効果はまあまあじゃない・・」と使ってみるまでは半信半疑の人も多いかも。
でも、侮るなかれ。
インターネット上の口コミの評価の高さは半端ではありません。
もちろん、商品によって評価や好みは分かれますが、トップクラスのものになると、☆評価でいうと5☆以上なんてこともあります。

普通の歯磨き粉と違うのは、あまり泡立たないこと。
普段、歯ブラシに歯磨き粉をつけて、歯を磨き続けていると、モコモコと泡が出てきて、そのうち口からはみでるほどになることがほとんどです。
でも、ホワイトニング専用の歯磨き粉はしっかり汚れを落とすためにある程度の時間をかけて磨くことが必要です。
そのために、ほとんど泡立たないようになっていることが多いようです。

歯磨き粉


泡立っているとしっかり磨けていると勘違いしてしまうことも多いので、泡立たないことがかえっていいかもしれません。
歯ブラシに歯磨き粉をのせる前やのせた後に歯ブラシをぬらすという人も多いのではないでしょうか?
ホワイトニング歯磨き粉の中には、水で薄めることによって効果が低くなるという考え方があり、水でぬらさず、乾いた歯と乾いた歯ブラシでホワイトニング歯磨き粉をつけて磨くと勧めているものもあります。
こうなると、余計にホワイトニングの効果が高まるはずです。

ホワイトニング歯磨き粉の人気ランキングを調べてみると、歯の黄ばみが徐々にとれて白くなっていくのが目に見えて分かる、アメリカで開発、製造されて、正規品として日本に輸入されているホワイトニング歯磨き粉などが大人気です。
全米ナンバーワンドクターズブランドとしてアメリカで使い続けられているという信頼と日本国内でも歯医者さんでホワイトニングした後に、自宅で白さを維持するために、勧められたという人もいるぐらいです。

その他にも、日本のホワイトニング歯磨き粉の中には、歯を白くするためだけではなく、そこにプラスアルファの機能をつけたものもあり、人気を集めています。

例えば、ホワイトニングにプラスして口臭を予防するものがあります。
口臭の大きな原因の一つは舌の汚れですが、このホワイトニング歯磨き粉では、舌のひだにたまった舌苔を浮かせる成分を配合しているので、口臭予防に効果的なのです。
また、ホワイトニング+歯周病予防の歯磨き粉では歯垢がつかないようにしていたり、ホワイトニング+知覚過敏予防とうたっているものでは、刺激の伝達をブロックする成分が入っていたりします。

このように単なるホワイトニングを超えた商品もたくさん発売されていて、自分に合ったホワイトニング歯磨き粉が選べるようになっています。